お知らせ

News

離婚が原因で任意売却をする理由 news

はじめに

離婚は人生における大きな転換期であり、その過程で多くの課題が生じます。特に、夫婦共同で所有している不動産の扱いは大きな問題となります。ここでは、離婚が原因で任意売却を検討する理由と、そのプロセスについて詳しく説明します。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合に、金融機関の同意を得て一般市場で物件を売却する方法です。市場価格で物件を売却し、その売却代金をローン返済に充てます。競売と異なり、市場価格で売却できるため、経済的な損失を最小限に抑えることが可能です。

離婚が任意売却を引き起こす理由

  1. 経済的な負担の増加: 離婚により、これまで共有していた家計が分かれ、各自の収入だけで生活を維持する必要があります。これにより、住宅ローンの支払いが困難になることがあります。
  2. 不動産の利用価値の低下: 離婚後、一方が家に住み続けるケースもありますが、多くの場合は新しい生活を始めるために別の住居を探します。このため、共有していた家が不要になることがあります。
  3. 財産分与: 離婚時には財産分与が行われます。不動産を現金化することで、公平に財産を分けることが容易になります。現金化には任意売却が適している場合があります。

任意売却のプロセス

  1. 専門家への相談: 不動産の任意売却に精通した専門家に相談します。不動産業者を始め、弁護士、司法書士などが該当します。
  2. 金融機関との交渉: 任意売却を行うためには、住宅ローンを提供している金融機関の同意が必要です。専門家の助けを借りて、金融機関と交渉し、任意売却の許可を得ます。
  3. 不動産の査定と売却価格の設定: 次に、物件の市場価値を査定します。市場価格に基づき、売却価格を設定します。この価格は、金融機関との交渉においても重要な要素となります。
  4. 売却活動: 不動産業者を通じて、市場に物件を売り出します。購入希望者が現れたら、交渉を経て売買契約を結びます。
  5. 売却代金の分配: 売却代金は、まず住宅ローンの返済に充てられます。残った金額があれば、その他の債務の返済や財産分与に使用されます。
  6. 引き渡しと引っ越し: 売却が完了したら、物件の引き渡しと引越しを行います。この段階で、新しい生活を始める準備が整います。

任意売却のメリットとデメリット

メリット

  1. 競売よりも高い価格で売却できる: 任意売却は市場価格に近い価格で売却できるため、競売よりも高い金額で物件を売却できる可能性が高いです。
  2. 信用情報への影響が少ない: 競売に比べて、任意売却の方が信用情報への悪影響が少ないです。
  3. プライバシーの保護: 競売では物件情報が公表されたり、近隣の方へ知られてしまう可能性がありますが、任意売却では比較的プライバシーが守られます。

デメリット

  1. 時間と手間がかかる: 任意売却には時間と手間がかかります。金融機関との交渉や売却活動など、多くのステップを経る必要があります。
  2. 売却価格がローン残高を下回る可能性: 市場価格が低迷している場合、売却価格がローン残高を下回ることがあります。その場合、差額を返済する義務が残る可能性があります。

結論

離婚が原因で任意売却を検討することは、多くの夫婦にとって現実的な解決策となります。任意売却を通じて、経済的な負担を軽減し、新しい生活をスムーズに始めるための準備を整えることができます。しかし、任意売却にはメリットとデメリットがあるため、専門家の助言を受けながら慎重に進めることが重要です。適切な準備と計画を持って臨むことで、離婚後の新しいスタートを円滑に切ることができるでしょう。

「できる任売ナビ」へご相談いただければ、ご相談者様の希望を第一に最善のアドバイスをさせていただきます。

ご相談は、完全無料で全国の方を対象としておりますので、お気軽にご連絡をいただけると幸です。

トップに戻る