お知らせ

News

任意売却によって期待できること news

任意売却のメリット

1. 競売よりも高額での売却が期待できる

任意売却は市場価格での売却が可能です。競売では、一般的に市場価格よりも低い価格で不動産が売却される傾向があります。任意売却では、市場での相場を参考にしながら売却価格を設定できるため、競売に比べて高額での売却が期待できます。

2. 売却のタイミングを調整できる

競売の場合、裁判所が定めたスケジュールに従わなければなりませんが、任意売却では売却のタイミングを自分で調整できます。このため、市場の状況や自身の都合に合わせて最適なタイミングで売却を進めることが可能です。また、投資家に購入してもらうことにより、売却後も賃貸として住み続けるリースバックができる可能性があります。

3. 債務整理が円滑に進む

任意売却では、売却益を利用して住宅ローン債務の一部または全額を返済することができます。これにより、競売のように残債務が残るリスクを軽減することができ、債権者との交渉も円滑に進む可能性が高まります。

4. プライバシーの保護

競売は公に行われるため、近隣住民や知人に知られるリスクがあります。任意売却では、売却活動を非公開で進めることができるため、プライバシーを守ることができます。

任意売却の注意点

1. 債権者の同意が必要

任意売却を行うためには、全ての債権者の同意を得る必要があります。債権者が同意しない場合、任意売却は実現しません。そのため、事前に債権者との交渉が重要となります。

2. 売却活動に時間がかかる場合がある

任意売却は市場での売却を目指すため、買い手を見つけるまでに時間がかかることがあります。特に、不動産の立地や状態によっては、売却が難航する場合もあります。

3. 専門家のサポートが必要

任意売却は法律や不動産の知識が必要となるため、専門家のサポートが不可欠です。不動産業者や弁護士、司法書士などの専門家に相談しながら進めることが重要です。

任意売却の手続きの流れ

1. 債務の確認

まず、自身の債務状況を正確に把握します。債権者からの通知や残高証明書を基に、現在の債務総額を確認します。

2. 専門家への相談

次に、任意売却の経験が豊富な不動産業者に相談します。専門家のアドバイスを受けながら、売却計画を立てます。

3. 債権者との交渉

任意売却を進めるために、債権者との交渉を行います。債権者が同意しなければ任意売却は実現しないため、慎重な交渉が必要です。

4. 売却活動の開始

債権者の同意が得られたら、不動産の売却活動を開始します。不動産業者と協力して、物件の広告や内覧会を行い、買い手を見つけます。

5. 売買契約の締結

買い手が見つかったら、売買契約を締結します。契約内容を詳細に確認し、問題がないか確認します。

6. 売却益の分配

売却が完了したら、売却益を債権者に分配します。残債務がある場合は、引き続き返済計画を立てて返済を進めます。

結論

任意売却は、経済的困難に直面した不動産所有者にとって、競売を避ける有力な選択肢です。市場価格での売却が期待できる点や、プライバシーの保護、債務整理の円滑化など、多くのメリットがあります。しかし、債権者の同意が必要であることや、売却活動に時間がかかる場合があることから、専門家のサポートを受けながら慎重に進めることが重要です。任意売却を検討する際には、まず専門家に相談し、最適な方法を模索することをお勧めします。

「できる任売ナビ」へご相談いただければ、ご相談者様の希望を第一に最善のアドバイスをさせていただきます。

ご相談は、完全無料で全国の方を対象としておりますので、お気軽にご連絡をいただけると幸です。

トップに戻る