お知らせ

News

リースバックと任意売却 news

はじめに

不動産の売却を検討する際、リースバックと任意売却という二つの方法が選択肢に上がることがあります。どちらも特定の状況下で有効な手段となり得ますが、それぞれのメリット・デメリット、そして具体的な手順を理解することが重要です。今回は、リースバックと任意売却の基本的な仕組み、手順、そしてこれらを組み合わせることで得られるメリットについて詳しく解説します。

リースバックとは

リースバックは、不動産を売却後もその物件に賃貸として住み続ける方法です。この方法により、資金を調達しつつも生活環境を維持することが可能となります。

リースバックのメリット

  1. 住み続けることができる: 売却後も同じ場所に住み続けることができるため、転居の手間や心理的負担を軽減できます。
  2. 迅速な資金調達: 物件を売却することで、短期間でまとまった資金を得ることができます。(完済額以上で売却の場合)
  3. 生活環境の維持: 子どもの学校や職場へのアクセスを変えずに済むため、家族にとっても大きなメリットとなります。

リースバックのデメリット

  1. 家賃の支払い: 売却後は家賃の支払いが発生するため、毎月の出費が増える可能性があります。
  2. 売却価格の低下: 通常の売却に比べて、リースバックでは売却価格が低くなることが多いです。
  3. 所有権の喪失: 物件の所有権を失うため、将来的な資産形成の一部が失われることになります。

リースバックの手順

  1. 査定と契約: 物件の査定を行い、リースバック契約を結びます。この段階で売却価格や賃貸条件を確認します。
  2. 売却と資金調達: 契約に基づき、物件を買い手に売却し、資金を受け取ります。
  3. 賃貸開始: 売却後、賃貸契約に基づいて物件に住み続けます。

任意売却とは

任意売却は、住宅ローンの返済が困難になった場合に、債権者(銀行など)と協議の上、市場価格に近い価格で物件を売却する方法です。競売と異なり、任意売却では比較的高い価格で売却できる可能性があります。

任意売却のメリット

  1. 高値での売却可能性: 競売に比べて市場価格に近い価格で売却できるため、債務の返済に充てられる金額が増えます。
  2. 信用情報への影響軽減: 任意売却は競売に比べて信用情報への影響が少ないため、将来的な金融取引に悪影響を及ぼしにくいです。
  3. 柔軟な交渉: 債権者と協議することで、売却条件や引越し時期などの調整が可能です。

任意売却のデメリット

  1. 売却までの時間: 任意売却には債権者との交渉が必要なため、競売に比べて時間がかかることがあります。
  2. 全額返済が難しい場合も: 市場価格がローン残高を下回る場合、売却後も残債務が残ることがあります。
  3. 交渉の難航: 債権者が任意売却に同意しない場合や、条件交渉が難航する場合があります。

任意売却の手順

  1. 専門家への相談: 任意売却に詳しい専門家に相談し、状況を評価します。
  2. 債権者との交渉: 債権者と任意売却について協議し、売却条件を確定します。
  3. 物件の売却: 市場に物件を出し、買い手を見つけて売却します。
  4. 債務の清算: 売却代金をもとに債務を返済し、残債務がある場合はその処理方法を決定します。

リースバックと任意売却を組み合わせる方法

リースバックと任意売却を組み合わせることで、住宅ローンの返済が困難な場合にも、住み続けながら債務を整理することが可能です。この方法は特に、生活環境を変えたくない場合や、子どもの教育環境を維持したい場合に有効です。

手順

  1. 専門家への相談: リースバックと任意売却の双方に精通した専門家に相談し、最適なプランを立てます。
  2. リースバックの契約: 物件の査定を行い、リースバック契約を締結します。
  3. 任意売却の交渉: 債権者と任意売却について協議し、売却条件を確定します。
  4. 物件の売却と資金調達: リースバック契約に基づいて物件を売却し、資金を受け取ります。その資金をもとに債務を返済します。
  5. 賃貸契約の開始: 売却後、賃貸契約に基づいて住み続けます。

まとめ

リースバックと任意売却は、それぞれ異なるニーズに応える有効な手段です。リースバックにより生活環境を維持しつつ、任意売却により債務整理を行うことで、経済的な問題を解決しつつも、安定した生活を続けることが可能となります。いずれの方法を選択するにしても、専門家の助言を得て慎重に検討することが重要です。

「できる任売ナビ」へご相談いただければ、ご相談者様の希望を第一に最善のアドバイスをさせていただきます。

ご相談は、完全無料で全国の方を対象としておりますので、お気軽にご連絡をいただけると幸です。

トップに戻る