お知らせ

News

ペアローンと任意売却 news

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合に、債権者(通常は金融機関)と協議して市場価格で物件を売却し、その売却代金をローン返済に充てる手続きのことを指します。通常、競売よりも高値で売却できるため、残債務の減少が期待でき、借主にとっては有利な方法とされています。

ペアローンとは?

ペアローンとは、夫婦や家族が共同で住宅ローンを借りる形態のローンです。二人がそれぞれローン契約を結び、それぞれの収入を合算してローンの審査を受けることが可能になります。これにより、借入可能額が増え、希望の物件を購入しやすくなる利点があります。しかし、リスクも倍増し、どちらか一方の収入が減少した場合、返済が難しくなることがあります。

ペアローンでの任意売却の流れ

1. 返済困難の認識と早期対応

ペアローンで住宅ローンを借りた場合、どちらか一方の収入が減少したり途絶えてしまう事態に直面したとき、早急に対策を講じる必要があります。返済が困難になった場合、まずは金融機関に相談し、返済計画の見直しや返済猶予などの措置を検討します。それでも解決が見込めない場合、任意売却の選択肢を考えます。

2. 任意売却の専門家に相談

任意売却には専門的な知識が必要です。任意売却をサポートする不動産会社や弁護士に相談し、現状を把握してもらうことが重要です。ペアローンの場合、二人の債務者がいるため、それぞれの意向や状況を考慮したアドバイスを受けることができます。

3. 金融機関との協議

任意売却を進めるには、まず金融機関と協議し、同意を得る必要があります。ペアローンの場合、二人分のローンが絡むため、双方の金融機関と交渉する必要があります。売却価格や返済計画について具体的な話し合いを行います。

4. 市場価格での売却

任意売却では、競売に比べて市場価格での売却が可能です。市場価格で売却することで、競売よりも高値で売れる可能性が高くなります。売却代金は、二人のローン返済に充てられます。

5. 売却後の残債務処理

物件が売却されても、ローン残高が完全に返済できない場合、残債務が残ります。ペアローンでは、双方が連帯保証人となっているため、残債務についても二人で返済を続ける必要があります。この際、再度金融機関と協議し、分割返済や減額を交渉することが可能です。

ペアローンでの任意売却のメリット

高値での売却が期待できる

任意売却は市場価格での売却が可能なため、競売に比べて高値で売却できる可能性があります。これにより、残債務を大幅に減らすことができます。

売却後も住み続けるリースバックや買戻も期待できる

新たな所有者と交渉をして、売却後は家賃を払って住み続けるリースバックや将来的に買戻ができる可能性があります。

返済計画の柔軟な見直しが可能

金融機関と協議することで、返済計画の見直しや返済猶予を受けることができます。これにより、返済負担を軽減することができます。

信用情報への影響を軽減

競売に比べて、信用情報への影響が軽減される場合があります。任意売却は金融機関との協議によるものであり、競売よりも柔軟な対応が可能です。

ペアローンでの任意売却のデメリット

手続きの複雑さ

ペアローンでの任意売却は、二人分のローンが絡むため、手続きが複雑になります。金融機関との協議も二重になるため、時間と労力がかかります。

残債務の問題

売却代金がローン残高に満たない場合、残債務が残ることになります。ペアローンでは、双方が連帯して返済義務を負うため、残債務の処理についても協力が必要です。

住宅を失うリスク

任意売却は、最終的に住宅を手放すことになるため、住居を失うリスクがあります。次の住居を確保するための計画が必要です。

任意売却後の生活再建

新たな住居の確保

任意売却後、住む場所を確保する必要があります。賃貸住宅への転居や、親族の家に一時的に住むなど、次の住居の手配を早めに行うことが重要です。

ただ、新たな所有者との交渉で家賃を払って住み続けるリースバックができる可能性があります。

家計の見直し

家計の見直しを行い、再建計画を立てることが必要です。収入と支出のバランスを見直し、無理のない返済計画を立てます。

カウンセリングの活用

経済的な困難や精神的なストレスを軽減するために、カウンセリングを活用することも有効です。専門家のサポートを受けながら、生活の再建を目指しましょう。

まとめ

ペアローンで住宅ローンを借りた場合、返済が困難になることもあります。そんな時、任意売却は競売に比べて高値で売却できる可能性があり、残債務の減少が期待できます。しかし、手続きが複雑であり、残債務の問題や住宅を失うリスクもあります。任意売却を検討する際には、専門家のサポートを受け、金融機関と協議しながら慎重に進めることが重要です。任意売却後の生活再建も計画的に行い、新たなスタートを切るための準備を怠らないようにしましょう。

 

トップに戻る